弾ける笑顔とボディ!!!彩乃ななの1st写真集「らぶぱら」読んでみた!!!

竹書房から刊行されている、マキハラススムによる写真集「らぶぱら」。今回は彩乃ななが主役であり、それの感想を書いていこうと思う。

まず、表紙に写っている彩乃ななの笑顔が可愛らしくて素晴らしい。ニコッと笑いながら白い歯を輝かせていて、cuteという形容詞がとても似合っている。次の頁には、比較的小さな写真が数個集まっているが、その中だと浅瀬で全裸で両腕を広げている彼女がお気に入りである。写真集によっては、自分がいい写真だと思っても、それが縮小されて載せられるのは気分の良くないものである。

最初に目に入るのは、濃いピンクの日傘を指した彩乃ななである。下半身に1枚だけ履いている状態であり、何処かの小道に居るのか奥にはコンクリートの階段が見える。こういう写真を見ていると、周りに人が居そうでこっちがソワソワしてしまうのである。幸か不幸か、傘だけでは彩乃ななのプルプルな裸体はどうにも隠せそうにないだろう。

次は、プライベート用であろうプールに居る彩乃ななを堪能出来る。丁度彼女の下半身が隠れるぐらいの深さであり、上下の水着をずらして胸とヘアを魅せつけている彼女の姿がエロくてたまらない。まさに水の滴るいい女である。その直後かは分からないが、髪が生乾きである彼女が室内のベッドに身を預けていたり、窓際に佇んでいる写真も素晴らしい。

夜の海で、その柔らかく艶めかしい肢体を披露をする彩乃なな。照明のお陰で、彼女の綺麗な肌や乳首、そして豊かなヘア迄くっきりと見えている。ここで残念な部分があるとするならば、それは砂浜で横になっている全裸の彩乃ななの見開き写真の、丁度ノドにあたる部分に沿って白い線が入っている事である。この白い線のせいで、折角の写真の雰囲気が台無しである。電子版のクオリティを、こんな事で落としてもらいたくはない。

まだまだ、彩乃ななの可愛らしい写真は続いていく。彼女が身に着けている黄色のアロハシャツの間から露出している胸はいやらしいし、自らの下腹部にあるヘアに指をかけている写真も目を見張るほどのエロさである。更に小さな木の台に座りながら、此方に迫るように見つめてくる彩乃ななには、ドキドキさせられる。何処か物憂げな表情と、前面に繰り出されている胸が、より興奮に拍車をかけるようである。

写真はまた、屋外を中心に続いていく。例えば、小ぶりな細い木の下で半裸になっている、彩乃ななの写真がある。淡いピンクのワンピースと彼女の小柄で肉感的な身体を見事に引き立たせているのである。張りのある胸は勿論の事、此方に向けているお尻もプリティで素晴らしい。次の頁には、白いサンダルだけの彼女が見られる。ヒールの高いサンダルなので、振り向き様の彼女のプリケツがきゅっとしまっているようであり、エロティックである。更に、白いぶかぶかのランニングTシャツを着た彼女が、舌を出しながら笑っている写真もキュートでたまらない。

めくるめく楽しい写真集も終わりが迫っている。砂迄くっきりと見える透明な海で、裸ではしゃいでいる彩乃なな。つばの広い帽子が似合っていて、とても可愛い。また、白い壁の側で佇む彼女が着ている紫の下着は、透け透けで下半身のヘア迄見えてしまっているのが、極めて扇情的である。更に、清純そうな白いベビードールと何も履いていない下半身のギャップがたまらない写真や、自らに放水してずぶ濡れになっている写真など、挙げれば枚挙に暇がない。

今回の写真集は、彩乃ななの可愛らしさや小柄ながら肉感的でどエロなbodyを楽しめる、素晴らしい写真集となっている。ただ、先述した通り、電子版としては未熟な部分もあり、内容が良いだけに悪目立ちする形となってしまっているのが悔やまれる。しかし、それでも彩乃ななの魅力が伝わる写真集として、まず間違いない一品であることは、筆者が保証したい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする