FRIDAYデジタル写真集シリーズより、天使もえ「胸キュンヘアヌード」を読んでみた!!!

当ブログでセクシー女優の写真集の感想を綴った記事は今回で7個めとなるが、初の電子書籍のみで刊行されているものを取り上げてみた。それがFRIDAYデジタル写真集シリーズの1つ、天使もえの「胸キュンヘアヌード」である。天使もえは由愛可奈や葵つかさ、最近だと三上優亜と比肩するほど写真集を出している、稀有なセクシー女優である。筆者としても胸が高鳴るほどの期待を膨らませてBookLiveで購入したのだが、控えめに言っても微妙な出来具合だと感じた。

約86頁ある写真集だが、少なくとも3分の1以上に魅力を感じなかった。というのも、それらの写真に写っている天使もえが老けて見えて仕方なかったのである。前半部分の方が胸やヘアの露出が多い割には、エロさが足りないと筆者は感じた。恐らくメイクが良くなかったか、カメラマンの技術が足りていないか、原因はともかく訓練された天使もえの信者には物足りない写真集だろうと、筆者は考えている。ただ、後半は比較的持ち直しているのでそこはしっかり評価したい。

前半は室内で撮られた写真が多く窓から太陽が差し込んでいる割には、何処か冷たさも感じる写真が多かった。その中で天使もえも肌の白さが目立っているが、健康的な白さとは異なる青白さである。この辺もあまり満足出来ない理由の1つかもしれない。やはりある程度の生気を感じさせるぐらいの健康的な白さが必要なのである。

しかし、よく読むと悪い点ばかりでもない。天使もえが、その時身に着けている唯一の白いシャツから、ちょこんとはみ出ている乳首が何とも可愛らしい。ちょっと下にずらせばすぐ隠れてしまいそうでありながら、その存在をしっかりアピールしているのである。また、彼女がこちらに微笑みかけながら、シャツを捲り上げて胸とヘアを露出させている写真もgoodである。

後半は勢いを巻き返し、天使もえの魅力を写真に反映させる事に比較的成功している。天使もえの裸身に紫のキャミソールの組み合わせは、彼女に官能的で魅惑的な雰囲気を加えているようである。天使もえが振り向きざまに見せるお尻も刺激的だが、こちらを見据える瞳には目を逸らす事を許さない、妖しげでしびれそうな何かを感じてしまいそうである。

ラスト数ページには、夜の街を舞う蝶のような出で立ちの天使もえを楽しむ事が出来る。ここでも彼女は紫の下着を身に着けていて、一層こちらの情欲を引き立たせんとしているようである。「艶めかしい」という言葉はこの時に為にあるのかもしれない。

前半こそ失速ぎみだったが、中盤以降盛り返して何とか及第点を取れる出来の写真集だったと改めて筆者は思う。だが、今迄の紙媒体でリリースされてきた写真集たちに比べると、どうしても質が劣るように感じてしまうのも事実である。それでも筆者としては、今後もこのような電子書籍オンリーの写真集にも注目していく所存である。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする